一般家庭での自家発電と言えば太陽光発電が主流です。近年、太陽光発電はコストなどの面で設置しやすくなってきていると言えますが、モジュールによって発電の性能や保証の内容なども変わってきます。それ故に、導入時に比較検討をして賢い選び方をすべき時代と言えます。導入の際の着眼点について考えてみましょう。まず、変換効率よりも実発電量に注目するべきです。実発電量とは、パネル設置の際に実際に発電した電気の数値です。これによって実際にどの程度発電するかの目安がより正確に分かります。さらに、売電の価格を計算に入れることにより、設置の費用分がいつ回収できるかも、より正確に計算できるようになります。当然ながら、初期費用が安く、実発電量が多いほど費用回収が早いモジュールと言えます。また、太陽光発電ではパネルの種類などによっても性能は異なり、この辺りも注目の必要があります。これまでは、太陽光発電のシステムのパネルには、シリコン系が用いられることがほとんどでした。しかし最近では、CIS系のパネルも販売され、注目を浴びるようになっています。今までの主流だったシリコン系のパネルは、相対的変換効率に優れ、供給が多いために価格も程々というメリットがあります。それに対して、CIS系のパネルは実発電量が多く、費用回収のための期間が相対的に短いというメリットがあります。また、CIS系はシリコン系に比べ、パネルの一部に影がかかっても効率を落とさずに発電し続けられるというメリットもあります。以上の点に留意しつつ、導入時の保証内容なども吟味し、賢い太陽光発電選びをすることが、お得で安心な自家発電ライフに繋がります。